老人ホームの種類と特徴

老人ホームとは、一般的に高齢者が入居する施設のことをいいます。いくつか種類があり、さまざまな特徴があります。

特別養護老人ホームは介護保険施設のひとつで、社会福祉法人や地方自治体が開設しています。

厚生労働省のお得情報を公開します。

身体や精神上の渉外のために常に介護が必要な状態で家では介護が困難な人を対象としています。
食事や排泄、入浴などの日常的なものの介助や健康管理が受けられます。
介護老人施設とは、介護保険が適用されている原則65歳以上の人が対象の入所型の施設となっており、リハビリテーションを中心にした医療サービスを受けることができ在宅復帰を目的としています。3ヶ月ごとにケアプランが作成され、家でも生活にできるようにさまざまなサポートが受けられます。

入所してサービスを受けられるロングステイ、短期入所のショートステイ、通所するデイケアなどがあります。

グループホームは軽度から中度の認知症の高齢者に対して、食事や入浴などの介助や生活の世話、機能訓練などが行われている施設になります。



施設の多くが民間企業が事業主です。

原則として個室で暮らすことになっており、看護師や医師などは常駐してないため医療面では最低限のサービスしか行われていませんが、少人数で家庭的な生活ができるなどのメリットがあります。



老人ホームにはさまざまな施設がありますが、高齢者の状態や施設の質、老人ホームのデメリットなどを理解から入所することが重要となってきます。